北欧デザインのリフォーム

ぬくもりと優しさを持った自然素材を使った北欧デザインの魅力

ぬくもりと優しさを持った自然素材を使った北欧デザインの魅力

「住まいるラボ」では暮らしの中に“自然”を取り入れた、ぬくもり溢れる快適な住まいをご提案しています。地域の皆様にご愛顧いただき、のべ1万件以上の施工を行ってきました。その中でも、自然素材を使いナチュラルな風合いを生かした北欧デザインのリフォームは、多くのお客様に選ばれ、ご満足のお声をいただいております。
千葉県鎌ケ谷市・松戸市・船橋市を中心に、水回りからエクステリアに至るまで、リフォームのことなら何でもご相談ください。快適に暮らせるよう設計し、高いデザイン性と使いやすさにこだわった「明るく楽しく住み続けられる家」にすることが当社の想いです。


自然素材の種類と機能

無垢のフローリング 無垢の床材は、木の何ともいえないぬくもりに溢れ、足触りや手触りがよく、しっとりと肌に馴染むような心地好さをもっています。木は調湿性や通気性、保温性などを併せ持っているので、快適な室内環境をつくる手助けともなります。ヒノキやスギ、サクラ、ナラなどが床材としてはよく使われています。
漆喰 漆喰は古くから日本で使われてきた素材で、主に内壁や外壁などに使われます。貝殻やサンゴなどの動物化石が堆積してできた石灰石が原料で、多孔質な性質を持ち、調湿効果などに優れています。白くてひんやりとした肌触りが、何ともいえない魅力を持っています。また、凝固作用もあるので、瓦や目地の充填剤などとしても使われています。
珪藻土 シックハウス対策として、一躍有名になった珪藻土。800万~1000万年前の植物性プランクトンの一種である珪藻の遺骸が泥粒子とともに沈殿し、海底や湖底に堆積して化石化したものです。日本でも約80カ所の産地があり、北海道・秋田・石川・島根などが有名です。珪藻土の魅力は、直径2~50ナノメートルの細孔を無数に持ち、調湿作用に優れていること。夏は湿気を吸収し、冬は湿気を放出し、快適な室内環境をつくってくれるのです。

自然素材リフォームの特徴

暮らしに温かみを感じられる自然の優しさ

自然素材のメリットは、やはり工業製品にはない優しいぬくもりや肌触りではないでしょうか。肌に違和感なく、すっ~と馴染むようなやわらかい感覚。しかも無垢材や珪藻土をはじめとする自然素材は、自ら呼吸しているので、室内環境を季節に応じて快適に保ってくれるというメリットも持っています。

時とともに味わいを増していく風合い

ビニールクロスや合板などは、新築時は綺麗ですが、長年暮らしていくうちにどうしても劣化していってしまいます。例えば床や柱に付いたキズも、ビニールクロスや合板なら、ただの"汚れ"かもしれません。ですが天然木だと、それが"風合い"になるんです。年を経るごとにいい味を醸し出し、そこに住まう家族ととともに成長していくような感覚を楽しめるのも、自然素材の魅力ではないでしょうか。

健康的に暮らすことができる安心感

化学物質など使っていない自然素材は、そこに住まう人に優しいということもいえるでしょう。感覚的な優しさに加えて、健康的な優しさも併せもっています。シックハウス症候群やアレルギー、アトピーなど、健康に悪影響を及ぼさない分、赤ちゃんや小さなお子さんでも、安心して暮らすことができるのです。

北欧デザインの特徴

“自然”がモチーフのデザイン

北欧デザインは、植物や動物などの自然素材をモチーフにしたデザインが特徴です。シンプルながら、心がほっこりとする愛らしい模様は老若男女問わず人気があります。北欧諸国では自然と共存し、植物や動物などの生き物を大切にする精神が根付いているため、このモチーフが生まれデザインに用いられたと考えられています。

暖かみのある色合い

北欧デザインでは木の緑色や土の茶色といった、自然を連想させるアースカラーが魅力です。木材と相性の良い色合いが使われ、赤色や黄色で彩られた動物や花がシンプルな空間にすっと溶け込んでいきます。自然と心を優しい気持ちにさせてくれる暖かい配色です。

長く使える、実用性
長く使える、実用性

北欧では「良ものを長く使いたい」という考えから、シンプルで実用的なデザインの家具や食器が生み出されました。親から子へ、代々継承していく文化もあるほど。長く使い続けるため、品質や耐久性にも優れています。ものを大切に使うという考え方は、日本人にも共通する部分です。使い勝手の良いお気に入りを選ぶことで、心を穏やかにする効果があるといわれています。

場所別リフォーム
キッチン・台所
水回り・トイレ・浴室
屋根・外壁
内装
エクステリア
マンション
当社について
スタッフのご紹介
北欧デザイン
企業理念・お客様満足への取り組み
お客様の声