スマイルログ

耐震補強工事で重要な「基礎補強」のお話し

耐震補強でとても大事な「基礎補強」についてお話しいたします。

 

耐震補強が必要な建物の多くに見られる基礎のひび割れ。こういった建物を耐震補強施工する際に基礎補強は必ず必要になります。

 

補強方法としては何通りかありますが、軽微なひび割れ(クラック)の場合は、住まいるラボではエポキシ補修剤を注入して補強します。

 

我孫子市フルリフォームのお客様でも基礎のクラックがあり、基礎補強を実施致しました。

 

クラック周囲の清掃をした後、エポキシ注入する先端をクラックの中心に取付け、シール剤で密閉します。

 

 

この先端にチューブを差し込み、クラック内部にエポキシを充填していく補強方法です。

 

 

注入剤が硬貨した後に先端部材を取り外し、サンダーなどで研磨して表面を平滑に仕上げます。
 

ちなみに、この施工方法で補強できる対応範囲は0.3mm~4.8mmのひび割れ(クラック)です。

 

耐震補強工事は様々な部分での劣化対策や補強方法などで、補強計画を策定し、コストに見合った耐震強度を実現していく作業になります。ひとつひとつお客様の命を守る作業として慎重に、誠実に作業していく必要がございます。

スマイルログ カテゴリ一覧
イベント案内
住まいるセミナー・ワークショップ
ご案内
リフォーム施工のあれこれ
フローリング
自然素材
北欧リノベーション
中古住宅
リフォームで活用できる補助金やお得な情報
マンションリノベーション
浴室リフォーム
内装リフォーム
キッチンリフォーム
トイレリフォーム
介護リフォーム
外装リフォーム
DIYリフォーム
エクステリアリフォーム
省エネリフォーム
屋根リフォーム
沈下修正工事 家の傾き直し
賃貸投資物件リフォーム
耐震診断・耐震補強
人材募集
ONE'SCUBO(ワンズキューボ)
洗面リフォーム
スタッフ紹介
場所別リフォーム
キッチン・台所
水回り・トイレ・浴室
屋根・外壁
内装
エクステリア
マンション
当社について
スタッフのご紹介
モダンスタイル
北欧デザイン
企業理念・お客様満足への取り組み
お客様の声